能登半島の先端、見附島を一望する特等席

海と空のあいだに。

見附島。
能登半島国定公園内の、静かな海と、青い空が接するところに、その島はあります。
風と水と岩がつくりあげた光景にこれほど心惹かれるのは、なぜでしょうか。

遠く眺めても、そばで仰ぎ見ても。
朝日に染まる姿も、星空の下のシルエットも。
夏のカラフルな表情も、冬の凍てついたモノトーンの世界も。

どんな季節も、いつの時間も、美しい。
ただひたすら眺めるための景色が、のとじ荘の目前に広がっています。

癒しのひとときをちりばめて。

水面におどる光を目で追いながら、海辺を散策する。
さざめく波の音に耳を澄まし、湯につかる。
能登の自然が育てた海山の幸に舌鼓を打つ。

美しい自然と、良質の温泉と、おいしい料理。

のとじ荘に、豪華な設備はありませんが、
日常を離れて癒しを求める人に必要なものは、すべてそろっています。